{ イギリス } ロンドンの代官山?ショーディッチの小さな通り

Processed with VSCOcam with a5 preset

ショーディッチハイストリートという駅で降りた後、通りの壁一面に溢れるグラフィティに圧倒されながら歩いていると、キャルバート・アベニュー(Calvert Ave / B122)という通りに出た。

Processed with VSCOcam with a2 preset

Processed with VSCOcam with a1 preset

Processed with VSCOcam with a2 preset

先ほどの通りが住宅街だとするとこちらはずいぶん栄えている。カフェや雑貨屋さんが多い感じ。美大が近いのかな?画材屋さんとかもあった。

Processed with VSCOcam with a2 preset

Processed with VSCOcam with a2 preset

美大生だろうか。大きなキャンバスを抱えている。

Processed with VSCOcam with a5 preset

ロンドン中心街に比べ、装飾もなく質素でシンプルなカフェ。くつろぐ人。

Processed with VSCOcam with a2 preset

Processed with VSCOcam with a1 preset

Processed with VSCOcam with a2 preset

Processed with VSCOcam with a5 preset

そういえばこの街は赤茶色のレンガばかりだ。レンガ以外でできた建物をまだ見かけていない気がする。赤茶色一色でできた街だから、カラフルなグラフィティが映えるのかな。

Processed with VSCOcam with a4 preset

Processed with VSCOcam with a2 preset

Processed with VSCOcam with a1 preset

すこし歩くと「Luna & Curious」という雑貨屋さんに出会った。イギリスを中心にアーティストの作品やユニークな雑貨を取り扱っているお店。

↓詳しくは別記事に書きました。読んでみてね。
おしゃれなロンドナーに人気の雑貨屋さん「Luna & Curious」

すばらしく素敵なお店だった。この街の雰囲気にピッタリだ。

Processed with VSCOcam with a1 preset

お店から外に出ると、天気も曇っていて驚くほど寒くなっていた。1度とか…かなぁ。

Processed with VSCOcam with a1 preset

Processed with VSCOcam with a1 preset

Processed with VSCOcam with a1 preset

本屋とカフェが合体した「PAPER&CUP」。店内で本を選んだら、その場でコーヒーを飲みながら読めるみたい。店名もロゴもわかりやすい。

個人的にキャルバート・アベニュー(Calvert Ave / B122)は代官山にちょっと似てるなって思った。歩いてる女の子たちもセレクトショップで買ったようなお洒落な感じの人が多かったし、雑貨屋さんも一風変わったユニークなものを集めてるところが多い。

さっきまでのグラフィティのストリートとは全然違うけど、こちらもすごくすごく好き。あーん!語彙力が足らなくて語りきれないのが悔しい!

道を進むと「ショーディッチ・ハイ・ストリート」という大通りに突き当たります。
次はどうしようか?と相談しながら地図も見ず、なんとなく街の雰囲気で右に曲がってみることに。このランダムな感じ、気持ちいい。ちょうどお腹も空いたのでどこか入ろうか〜なんて言いながらブラブラお散歩はつづく。

こちらもどうぞ




同じカテゴリの記事
2014-08-29