アスペルガー症候群の視点が新鮮!「シンプル・シモン」を観みました

E383A1E382A4E383B3E6A8AAE38080E9AB98E794BBE8B3AA

そういえば少し前になるのですがスウェーデンの映画「シンプル・シモン」を観ました。
アスペルガー症候群の少年シモンがお兄ちゃんのサムのために恋人探しをする、というお話。

物理とSFが大好きなシモンは、気に入らないことがあると自分だけの“ロケット”にこもり、想像の宇宙へ飛び立ってしまう。そんなシモンを理解してくれるのは、お兄ちゃんのサムだけ。でも、シモンのせいでサムは恋人に振られてしまう。彼女がいなくなって、落ち込むサム。そのせいで自分のペースを乱されるシモン。サムに「完璧な恋人」さえいれば、生活が元通りになると考えたシモンは、サムにぴったりな相手を探し始める。そして、偶然出逢った天真爛漫なイェニファーに狙いを定め、ある計画を実行に移すが・・・。

10264042_279731982207908_8363159069087166610_o

1939838_279896045524835_5167526559096596800_n

10329896_288023361378770_2982127204402783611_o

そういえばスウェーデンの映画って観たこと無いかもしれない…と思って見始めた。北欧の映画って、あまり有名なものを知らない。どんなテンポで進んでいくんだろう、と不安に思いながら映画館でポップコーンを頬張った。

びっくりしたことが1つ。年明けにスウェーデンに行っていたことがあったからか、映画内で話されるスウェーデン語がとても懐かしく感じた。スウェーデンでは住んでる地域によって「Yes」を「Ya」と言ったり「Yo」と言うのだ。今回の映画では「Ya」だったように思う。その他にも聞き覚えのある単語がチラホラ。なんだかその映画のなかに入り込めるようですごい楽しかった。こういう映画の楽しみ方もあるのか、と思ったらもっともっと海外に行っていろんな言語に触れたいと思った。

1380665_282855268562246_6943576749199325948_n

10402699_282857818561991_5396405709207806700_n

10294363_282856621895444_144218220350008149_n

この映画の主人公、シモンはアスペルガー症候群。アスペルガー症候群とは?

知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる広汎性発達障害の一種である。興味の面では、特定の分野については驚異的なまでの集中力と知識を持ち、会話の面では、聞かれたことに対して素直に答える(「空気を読む」などの行為を苦手とする)、といった特徴を持つ。

シモンにはいろんなこだわりがある。時間を正確に守りたいだとか、全て丸いもので揃えたいだとか、そんなちょっとしたこと。そしてお兄ちゃんが大好きで、ちょっとメンタルが弱い。彼は何かショックなことがあると自分でつくった宇宙船と呼んでいる装置に篭ってしまう。それも、なんとなくわかる。

お話のことを書くとネタバレになってしまうので避けようと思う。
この映画の見どころはなんといっても映像の美しさじゃないかな。部屋のシーンが多いけどインテリアがどれも素敵だ。個人的には朝食のシーンがお気に入り。

10259166_292211880959918_8470638584843257484_o

10348945_299431220237984_3960394816741945805_o

10367722_285575654956874_6470246587395097497_n

ちょこちょことデジタル要素のあるシーンがあるのも、とっても好き。
映像の美しさに魅せられ、シモンの成長に感動し、ラストには心がほっこりする、そんなお話です。
(amazon)




同じカテゴリの記事
2014-07-07