{ 大人の交換日記 } きみとリトル・ダンサー

今週も更新しました、大人の交換日記「GOOD AT TOKYO」。日曜担当のわたし、kimixは大好きな映画「リトル・ダンサー」を紹介しています。

img_0

舞台は1984年の英国北東部の炭坑町、ダーラム。11歳のビリーは炭鉱労働者の父と少し歳が離れた兄、そしてボケが始まっているお婆ちゃんと炭坑住宅に暮らしている。ママは去年、亡くなった。イギリス下層階級における少年たちの「少年時代」は短い。義務教育課程を終えたらすぐに職に就かざるを得ない。自由な少年でいられる時間は本当に短い。

少年たちは放課後をサッカーかボクシングの練習に費やし、男になる用意をする。だが、この町の二人の少年だけは殴り合うスポーツに全く興味がなかった。一人はビリー。もう一人はマイケル。

ある日、ボクシングの練習をしている町のホールにウィルキンソン夫人のバレエ教室が引っ越して来る。ビリーはボクシングの練習中もバレエのためのピアノの音が聞こえてくると、我知らず身体が音楽に合わせて踊りだしてしまう。そして、ついには女の子の中に混じってバレエのレッスンを受け始める。ウィルキンソン夫人は少年の中に「踊らずにはいられない天性の何かがある」ことに気付いてしまうのだ…

この作品に出会ったのはたしかわたしが中学生だったとき。まだ夢を追いかけるとかもよくわからず、部活動のテニスに打ち込んでいたっけ。

割と忙しい部活だったから平日も朝早く練習。そして晩遅くまでボールを追いかけて、土日も休みなくラケットを握りしめて素振りをしてた。部活自体の人数も多かったけど頑張った甲斐あってか団体戦でも個人戦でも一応レギュラーに入って大会に出ることができていた。ただ、スポーツは嫌いじゃないけど特別好きでもなかったし、友達がいたからなんとなく部活をやっていたの。

そんなわたしの唯一の楽しみは、家で晩ごはんを食べ終わった後に絵を描くとか、ハリー・ポッターをはじめとする児童書を読むこと、そしてたまの休みの日にTSUTAYAで借りてきたちょっとマイナーな洋画を観ること。(メジャーな映画を観ることがなんとなく嫌だった)

cap045

うちの中学は1学年400人近くいるマンモス学校。その中でもわたしは勉強も運動も中の中。学校によくいる「平均的」な生徒だった。

絵を描くことは好きでもみんなを驚かせるような画力は持ち合わせていなかったし、手先もとても不器用だったから美術で5をとってたのか?と言われるとそうでもない。本当に目立たない普通の人だったと思う。

なんとなく過ぎていく日々がつまらなくて刺激が欲しくてモヤモヤしていたそんなとき……

(つづきは「GOOD AT TOKYO」で読んでね)




同じカテゴリの記事
2014-08-11