「iichiギャラリーショップ鎌倉」を取材・撮影させていただきました

iichi_鎌倉ギャラリー_6

むくり!と早起きして横浜行きの電車に飛び乗り、向かった先は古都・鎌倉。

ジトジトじめじめ嫌になる6月のこの季節はシャツや髪の毛が肌にまとわりついてなんだか心地悪い。そう、梅雨の季節はみんなの嫌われ者。でも鎌倉は雨がよく似合うと思うのです。傘をさしてあの石畳を歩くのが好き。

さてさて、なぜ今回わたしが鎌倉に行ったのかというとハンドメイドモールの「iichi(いいち)」さんが昨年春にOPENしたというギャラリーショップへ取材に行くためなのです。

iichi_鎌倉ギャラリー_2

iichi_鎌倉ギャラリー_3

iichi_鎌倉ギャラリー_4

鎌倉に着くいてまずはiichiさんのオフィスへ訪問させていただいたんですが、どこも木の温もりに溢れていてとても素敵でした。こんな心地よさそうなオフィスで働けるの、とてもうらやましいです。。

そして出していただいたコーヒーのマグカップも手作りのものでかわいい…。さすがプロ作家さん向けのハンドメイドモールを運営されているだけあって、細部までこだわりが感じられますね。

iichi_鎌倉ギャラリー_7

すこしお話をしたあと、ギャラリーショップへと案内していただきました。ギャラリーショップも鎌倉駅から小町通りを歩いてすぐのところにあります。

このギャラリーでは2週間毎に変わるという企画展がいつも開催されているんだそう。わたしが訪れた日は編み物作家「silkpiece」の橋詰あゆみさんによる『風をまとうシルク展』が開催されていました。

iichi_鎌倉ギャラリー_9

iichi_鎌倉ギャラリー_10

iichi_鎌倉ギャラリー_11

また、iichiさんで実際に取り扱っている商品も美しくゆとりのある間隔を保ちながらディスプレイされています。(このコップ、本当に欲しかった…!)この空気感、素晴らしいです。

そのほかにもギャラリーの素敵なところをたくさん取材させていただきました。続きはハンドメイドマガジンの「memely(ミームリィ)」にてレポートを書かせていただいたので、ぜひこちらより一読していただけると嬉しいです*

▽ ▽ ▽

pc_bnr_iichi
上質なハンドメイド作品に出会える、「iichiギャラリーショップ鎌倉」にいってみました




同じカテゴリの記事
2015-06-15