人生初、FUJI ROCK 3日間に参戦してきました

スクリーンショット 2014-07-29 13.30.57
collage by kimix

こんにちは、kimixです。

夏、音楽、フェス!
そうです、夏といえば夏フェスです。

今年は「死ぬまでにやりたい100のこと」を地道に達成しながら日々を過ごそう、と決めたので今までやりたいけどやれなかったことを積極的に挑戦しています。そして、年始にリストアップした100のことの中の1つに「FUJI ROCKに3日間参戦する」という項目がありました。

今年も無理かな〜って半ばあきらめていたとき、LINEがチャラリーンと鳴りまして…偶然お友達のフジロッカーズがおさえていた苗場の会場近くの宿に空きがあるとの連絡が…。スケジュールやお金の問題もあったけど、「もうこれは行くしかない!!!」と腹をくくってついについに参戦しちゃいました。もうこの先3日間も時間取れるかわからないし、来年いこうっていって毎回先延ばしにしちゃってたから絶対後悔すると思って。
結果、一言でいうと最高でした。素晴らしかった。音楽だけじゃない、あの空間が、空気が、皆の表情が、本当に良かったです。

初めての参戦でいろいろ準備する上で困ったことや必要かな〜って思ったものとかたくさんあったので、それは今度またまとめたいと思います。

1日目

THE LUMINEERS → HUNTER HAYES → SLOWDIVE → TEMPLES → FIRST AID KIT → FOSTER THE PEOPLE → 電気グルーヴ → FRANTZ FERDINAND → BASEMENT JAXX

FOSTER THE PEOPLEは圧巻のパフォーマンスに圧倒されまくり。ああこれがFUJI ROCKなのか…って一人で感動しちゃった。

電気グルーヴの富士山コールが楽しかったし、FRANTZ FERDINANDは一人でモッシュピットに参加。踊ったり歌ったり盛り上がりました!

2日目

ウルフルズ → the band apart → SiM → TRAVIS → THE QEMISTS → Gotch → クロマニヨンズ → MAN WITH A MISSION → Muff → ARCADE FIRE

のんびり起きてお昼から参加。天気が良かったのでグリーンステージにレジャーシートをひいて基地を作って、1日ポシェットのみで行動♪
ウルフルズは「いえ〜〜い!君を好きでよかった〜!」って大声で歌いながら、しんみり。うん、これは、いつか恋人と聞きたいな。なみだ。

初めて見たSiMはモッシュが激しすぎて吹っ飛ばされて大転倒。すぐさま優しい誰かに助けだされました。ありがたや…。モッシュから少し抜けたら関ヶ原の戦いみたいになってて男性陣は目が血走っていました。参加してたら怪我してたかも。MAN WITH A MISSIONもモッシュに参加。安定のオオカミさん。ホワイトステージに入場規制がかかったそうです。そりゃそうだ!楽しかったもん〜〜〜〜!ステージ前でサークルができて、ぶつかり合って、ってしてたら最後に「ワイルドですね…!」って言われてしまいました。笑

Muff、初めて聞いたけど気持ちよかった。心地よかった。

そしてARCADE FIREではWAKEUPを大合唱!鳥肌たったよね。

3日目

BEGIN → OK GO → JOHN BUTLER TRIO → THE STRYPES → ASGEIR → SBTRKT → THE FLAMING LIPS → THE SKATALITES → KELIS → Jack Johnson → OUTKAST → THE POGUES

この日ものんびり起きてからの参加。3日目に見たいアーティストはみんなのんびり系だったので心地よいサウンドに包まれて終われるわ♥な〜んて思ってたらまさかのチラホラ雨模様。ガーン!!!

でも、ASGEIRの演奏が始まるとともにお日様がピカーーーーって出てきて、日差しが眩しくて、音と調和してポカポカと心地良い空間を生み出してた。感動したのを覚えてる。アイスランド人のASGEIRは最近聞いた洋楽のなかでも久々にグッときた人で、このためにFUJI ROCKに来たといっても過言ではないの。(Jack Johnsonも大本命!)だから本当に良かった…。全身に音が染みわたるってこういうことなのかも。

Jack Johnsonは残念ながら小雨のなかでイスで縮こまりながら聞いたよ。MDに入れて、毎日夢中になって聞いてた高校生時代を思い出したりして1人ジーンって涙目になってました。それにしても一緒に演奏してたピアニストさん歌上手だったなぁ…。大好きな曲ばかりやってくれてずっと感動していたんだけど、やっぱり昨日までのピーカンお天気様と心地よい風に包まれながら聞きたかったな〜〜…Jack Johnson…。これだけが悔やまれるよ。基本的にしっとりしてたからもうみんな寒さの限界だったんじゃないかな。

3日目は、はじめてきいたけど良い!って思えるものと出会えて楽しい1日でした。なんというか、自分の音楽の好みが少しわかってきた気がする。JOHN BUTLER TRIOとTHE POGUESはちゃんと聴いてみようと思った!

(ジョン・バトラー・トリオのこの曲が平和的でとても好きだったんだけどPVがちょっと怖いのね)

とくにアイリッシュバンドのPOGUESのケルト民謡はすごいパワーがある。ついつい音に合わせて体が動きだしちゃうんだもん。みんなも同じだったみたいで、ステージ脇のハイネケン売場前で突如できたサークルでPOGUESの奏でる音に合わせてぐるぐる回ってハイタッチしたりフォークダンスやアイリッシュダンス踊ったり(みんなで腕くんでぐるぐる回る謎の踊り)しました。ハッピーでピースフルなモッシュサークル。まるで小人がワイワイ踊ってるみたいな感じ。(その場にいた人全員がロード・オブ・ザ・リングのホビットたちみたいだった笑)

FUJI ROCKには音楽の他にも魅力的なところはいっぱいあって語り尽くせないや。夜の森の中で光るミラーボールや木々へのプロジェクションマッピング、柄on柄が許される派手な衣装に、雨の日はとびきりカラフルなレインポンチョを身にまとう人々。。行かないとわからないってこういうことだね。日本にいるのにまるで異空間。

空気も美味しいし、とにかくハッピーでピースフル。さいこ〜でした♥
お世話になった皆さんありがとう〜!
また来年もいけるといいな〜〜〜!SEE YOU IN 2015!




同じカテゴリの記事
2014-07-30